ええ。小心者ですから・・・。

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit

短編よみきり


あめのひ

2010.07.17  *Edit 
▽TB[0]▽CO[0]

外は 雨
緑に光る木々の葉を濡らし 雨どいから飛び出した雨の滴たちは 
ベランダの手すりを濡らして ガラスに留まることなく次々と流れて

外は 雨
窓際には君が願いをかけて作った てるてる坊主がゆらゆら二つ 
ごめんね・・・としょんぼり背中を向けてぶら下がってる

外は 雨
鼻先には良い匂いのする 柔らかな茶色の髪
すりすりと僕の胸元に頬を擦り寄せて
穏やかな寝息を立てながら 君は一体何を夢見ているのか

まろやかな頬も 甘い唇も 長いまつ毛も
全部 全部 僕のもの?
我慢できずにそっと 口づけを一つ

さっきからもぞもぞし始めたから きっともうすぐ目が覚める
そうしてゆっくりと目を開けて その寝ぼけまなこを擦りながら 
君は 少しだけ舌ったらずの可愛い朝の挨拶をくれるんだろう。
また 口づけを一つ

このあどけない寝顔から ほんの数時間前の君の姿を誰が想像できるだろう
妖しく ゆらめく君の姿を誰も知らない 誰にも教えない

だけど昨夜の出来事の跡なんて もう何処にも見当たらない
白くて綺麗で、滑らかな君の肌 それが少し ほんの少し寂しい
そしてまた 口づけを一つ

ねえ 伊藤君。早く起きて
その夏の始まりみたいな空色の瞳で 僕を見つめて
ねえ 伊藤君。まだ眠っていて
僕は もう少し君とこうしていたい

優しい 雨の子守唄を耳に ふわふわの毛布にくるまって 
ぴったりと身体を合わせて お互いの体温を分け合って 
今日はずっと二人でこうしていたい

ねえ伊藤君。
教えて? 
君は 僕のものですか? 
全部 僕のものですか?

ねえ 伊藤君
知ってますか? 
僕は 君のものです
全部 君のものです




そうして一日中いちゃいちゃしている二人・・・
こんな時・・イラストが描ければいいのになあ~と心底思います。文章にするとイマイチ・・・
何かしっくりこないんだよな~的な場面でもなんだか上手い事表現できそうです(>_<)
二人の何気ない日常を無声映画のように
漫画に描かけたなら・・・・それはもう・・ものすごーく楽しそうなんだけどな!!
ああーどっかに画才が落っこちてないかな~(笑)
 
 



*Edit ▽TB[0]▽CO[0]

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。