ええ。小心者ですから・・・。

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit

拍手お返事


拍手お返事::あみさま::

2013.04.02  *Edit 
▽TB[0]▽CO[0]

あみさま

わーわー
風邪の具合は如何でしょうかー(T_T)
お体の調子が思わしくないのに訪問していただき、も申し訳ないですー((+_+))
こんな所に来ちゃうと病状が悪化しちゃうかもですよー(爆)
・・・。今までだらだらと並行して書いていた作品が
ぼちぼち出来上がってきましたので、調子に乗って更新した次第ですが・・・。
お返事まとめてになってしまい申し訳ございませんでした。
「暁光」:::ああもうホント読んでくださってありがとうございま――す
これは、拙宅オリジナル設定である『悠遠夜話の本編』の流れなんですが。
さてさて一体、どれだけの方がこの作品の内容をご存じなのかしら的な(笑)
こちらを訪問してくださるってことだけで十分希少価値ありのお嬢様方なのに
その中でもさらに初期作品であるこの作・・・。
読み返すだけで、もう羞恥ぷれい以外のナニモノでもありませんねえ。
でも、すべてのお話に続いているので気軽に削除も出来ず・・・。
いつか絶対本当に真心を込めて加筆修正したいと思っております。
暁光→結晶の間の長々とした紆余曲折を色々と・・・。
歳食って、度々お爺ちゃん的な言動をする臣さんに啓太君が
「は??」とかなればいいと思います。
啓太君を思うあまり大事にしすぎてさっぱり手を出さず、
焦れた啓太君の方から襲っちゃえばイイよ!
んでもって、ついに臣さんは「ああ、もう知りませんよ?」ってリミッター解除。
啓太君がひいひい言えば大満足っす~(大馬鹿)
「変態さんいらっしゃーい」:::あれ?こんな素敵なタイトルあったっけ??
まずは、こんなイロモノ臣さんに文句の一つも言わず読了されたあみさまに乾杯です(笑)
きっと啓太君は何も知らなかった分、
快楽を素直に「きもちいい」と理解したんだろうと思います。
何事も凝り性な臣さんですから、世界のあらゆる房中術を調べ上げ
二人して性の深淵を極める事でしょう。
股も、頭も緩い啓太君は無敵だと思います。どうでしょう???

体調不良。早く早く良くなる事をお祈りしております。
ではまた。


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。