ええ。小心者ですから・・・。

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit

短編よみきり


ドキドキとむずむず

2010.04.06  *Edit 
▽TB[0]▽CO[0]

目を閉じれば、いつだって君の事ばかり
大好きな君の事 幾つだって 思い起こせば きりがない。 
こんなにも 大好きなところばかりが 星の数ほどあるのに 
どうして言葉に出来ないんだろう?
届きそうで、届かないこの手は
伸ばされた その先で何もつかむ事が出来ないまま。

ふと目が合った瞬間、小さく振る手。
僕のいたずらがバレて 拗ねてしまった横顔。
夕焼け空を見上げる長いまつげ
風に揺れる柔らかい茶色の癖っ毛

どんな君も いつだって大好きで
この胸のドキドキが止まらなくなる。
誰よりも君の事を見てるのに
誰よりも君の事知っているのに
どうして 上手く伝えられないんだろう。

キラキラの朝日に輝く空色の瞳
お腹がいっぱいになると すぐに眠くなってしまうところ
笑うと 八の字になってしまう眉
考え事をする時 顎に添えられる人差し指

君に名前を呼ばれて まっすぐに見つめられると
いつだって 胸がぎゅっとなる
このむずむずを
誰かどうにかしてほしい。

ねえ 伊藤君
きっとこの 痛みが治せるのは
君、ただ一人だけ。

だから 誰よりも近くで名前を呼んで
だから いつだって僕のそばで 笑っていて。
目を閉じれば、いつだって君の事ばかり
目を閉じなくったって いつも君の事ばかり。

ほら また、君が笑うから
この胸のドキドキとむずむずが止まらない。





うひーーー
在学中の片思い七条さんが書きたくてチャレンジ致しましたが・・・
あまりの辛さにSS止まり。うう苦しかった~(笑)
高校生の初々しい感情なんてもうとっくの昔に忘れて、思い出せもしない!!
こんな枯れた私の心に悲しくなった次第でございます


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。