ええ。小心者ですから・・・。

スポンサー広告


スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


*Edit

臣嫁日和シリーズ


臣嫁日和番外編 ~世界で一番君が好き~おまけ

2010.04.30  *Edit 
▽TB[0]▽CO[0]



その夜。

「ところで臣さん 
俺困りますよ~っ あの・・その・・名前書いたのっていつ消えるんですか??」

「ああ。アレ?すぐにでも消えますよ?」

「え?だって アレ油性ペンですよね」

「いいえ。特別に調合したインクですので、すぐ消えます」

「あ!じゃあすぐに消して下さい!
俺 今日トイレ行く時恥ずかしくて、毎回個室だったんですよー。もー」

「ふふ。」

「ところで、何を使って消すんですか?アルコール?」

「まさか!そんな事をしたら啓太君の玉のようなお肌が荒れてしまうじゃないですか。」

「え?じゃあ一体何で消すんですか?」

「うっふっふー。僕の愛の力ですよ?」

「はは。えーっと・・・・。」

「あわわ!ちょ!ちょっと―――何するんですかっ!!」

「僕の唾液に反応するようにしてありますので・・
くすぐったいですけれどちょっと我慢してくださいね?」

「ぶっ わははははは。やめ・・・くすぐったい!!・・・・。」

「消したいんでしょ?名前。じっとしていて・・・。」



「んん・・・や・・め・・・・・・」

「さあ。そのまま・・ ねえ じっとして」

「おみ・・さ・・・んん やあ・・・あっ。あっ。あ――――――っ・・・」


おーほほ。結局こうなるオチばればれ・・・・。
もともとパンツに名前を書かれて困る旦那様・・
が書きたかっただけなんですが。
どう言う訳かこんな話になってました(笑)
後先全く考えず書き散らかしているとこうなるんだ
と言う悪い見本です。本当にすみません。
そしてここまで読んで頂いてお付き合い頂きまして
誠にありがとうございます\(-o-)/
感想などございましたらぜひ一言お寄せ下さいませ。


*Edit ▽TB[0]▽CO[0]

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。